1. としきのやしき正門
  2. 電算棟
  3. ポケ3の部屋

ポケ3の内蔵ソフトのバージョンについて

ポケ3では、以下の3つの内蔵ソフトがバージョン管理されています。

このうち、DOSについては、バージョンは3.1固定であり、管理されているのはパッチレベル部分です。パッチレベルが違うと何が異なるのかという点については、残念ながら資料がありません。
以下に、OASYSシステムとAutoComのバージョン間の差異について、私の把握できた範囲でまとめてみました。

OASYSシステム
01-001 ROM内に収められているバージョン。システムを初期化(応急復旧)した場合などにお目にかかることがある。ほとんど使われていないこともあって、既知の不具合はないが、逆に言うと、どんな不具合が埋め込まれているかがわからないだけに不安があるかも。
01-004 電源が不安定なとき(電池マーク点滅時や、シャットダウン時)にシステムが飛ぶことが多い(らしい)
01-008にしたら体感的にシステムの安定性がかなり向上したとの報告あり
01-008 AutoComのE01V008に対応
01-009 AutoComのE01V009に対応
01-010 1999年1月ごろにはリリースされていた模様(未確認情報)
1999年7月下旬に富士通でシステムを入れてもらったらこのバージョンになったとの報告あり
01-040 2000年2月中旬に富士通でシステムを入れてもらったらこのバージョンだったと報告あり
01-041 2000年2月下旬にリリースされる
システム01-009と01-041の差は、OASYS文書とDOSファイル交換、読み出し機能の修正のみ
  1. Pocket3で作成した文書をWindows OASYSで更新し、再びPocket3で文書を読み出したときに、文書が正しくみえない不具合
  2. 2000年問題があり、交換後のファイルの日時が正しくない不具合

AutoCom
E01V004 単語登録に際して、OASYSモードで横拡大文字を登録しようとするとハングアップ
E01V005 安定度が悪かった(よくシステムが消失した)という報告あり
プリンタ関係のデバイスドライバをはずしてpICoを使用するとシステムが異常になったという報告あり(未確認情報)
E01V006 1994年9月中下旬リリース
キーリピートあり
E01V008 1994年9月下旬リリース
その前のバージョン(E01V006?)ではDOSモードでECSを使用して25行モードにしているときにSETUP.EXEを使用するとハングアップ
標準ではキーリピートしない
なお、当時のOASYS専用機は文字キーに関してはキーリピート無しが標準
そのため、ポケ3はDOSモードであってもキーリピートしないのが本来の仕様であったらしい
E01V009 1995年7月中旬リリース
システムデータが公開された最後のバージョン
E01V010 1999年11月ごろに富士通でシステムを入れてもらうとこのバージョンになったらしい(未確認情報)
DOSフォーマットされたメモリカードにOASYSの新しいバージョンで記録された文書がポケ3で読み出せない、というバグが修正されている
E01V023 このバージョンはキーリピートする
E01V008のマシンで電源ONの状態からACアダプタをいきなり引き抜いたらシステムが消失し、このバージョンとなった例あり
このバージョンではファイル書き出しが不安定な模様で、AutoComのログをSRAMカードに記録するようにしていたときに、SRAMカードのデータが壊れてしまうという複数の報告がある。

ポケ3の部屋
電算棟
やしきの間取り


Copyright © 2013 としき
このページの情報及び著作権は「としき」に帰属します。
Toshiki / toshiki @ jcom.zaq.ne.jp